豚を飼ってみて思うこと

今年も暑い夏でしたが、急に秋めいてきました。

当社で豚を飼い始めて1年半が過ぎ、2回目の夏を超すことができました。まだまだ未熟ですが、経験を積み重ねて養豚業ということが多少わかってきたように思います。

当初想定したとおり家畜の飼育はいろいろと苦労することがありましたが、ここ最近生産や品質が安定してきたようでほっとしています。
今、農場の調子がよくなったのはひとえにスタッフの成長によるものです。(そもそも私はほとんど農場の管理業務は行っていません・・)飼料の設計もスタッフが行い、スタッフのスキルアップにより疾病の予防や治療も適切になってきました。成長の速度や肉質も当初の予定以上の数字が出るようになりました。

豚コレラもまだまだ安心できませんが、一応ワクチン接種もおわり少しほっとしています。
今回の豚コレラの流行で家畜飼育のリスクを痛感しました。突然他国から侵入した疾病により事業の存続が脅かされる可能性があることをあらためて認識することになりました。農場の立地等の関係もあり、結局当社の農場は都合4回も採血、検査を行っています。その度に「万一陽性だったらどうしようか」と祈る気持ちでした。

養豚事業をはじめた目的の一つは、エコフィードだけで豚を飼育し美味しい豚を作ることです。当社では非常に多くのエコフィードを扱っていますが、その中で特に肉質によいものを選択し給与しています。

主に給与しているのが
炭水化物源として ラーメン、うどん、グミ、シロップ、菓子くず
タンパク質原料として 酒粕、みりん粕、ビール酵母
などを給与しています。
飼料原料はアミノ酸のバランスが取れていること、多価不飽和脂肪酸(リノール酸など)が少ないことに気をつけています。個人的には、多価不飽和脂肪酸の量が豚肉の味の良し悪しを決める大きな要因だと思います。

肉質に関しては飼料の影響が大きいことからあまり心配はしていませんでしたが、自分で食べるだけではなく、肉質を分析した結果、また販売先の肉屋さんやレストランからの意見をフィードバックして常にエサの改良を心がけています。
おかげさまで、最近は取引先からの評価もよくなり、卸先肉屋さんからも「ブラインドで食味評価したら一番よかったよ」と言われるようになりました。

現在はブランド名「雪乃醸」として東京のレストラン中心に販売も行っています。片手間で販売していることもありまだまだ苦労していますが、今後は多くの皆様に肉を届けたいと思っています。

先日、イベント出店していたら「雪乃醸食べたらおいしかったけどどこで売っているの」とうれしいお話をいただきました。生産者冥利に尽きます。
これからもおいしい豚肉を届けていけるように努力していきたいと思います。

イベントで販売したベーコン串

商売をすると言うこと

当社は新卒採用を行っています。今年度も新入社員が入社しましたが、来年度もまた1名入社予定です。今は新入社員教育のカリキュラムを考える時期で、来年度の教育計画を策定しています。
思えば、自分も二十数十年前は新入社員でした。新入社員の時は3週間にわたって研修があったことを覚えています。
その中の一つに営業研修がありました。営業研修の中で、代金回収がいかに重要かという内容の講義があったことを今でも覚えています。
この前、当社の新入社員にも「お金をきちんと回収できなければ、それは売上とは言えない」という説明をしたら「お金を払わない人いるんですか?」と驚いていました。商売をやっている人はたいてい経験があると思いますが、お金を払わない「お客さま」はたくさんみえます。

お金を払わないor払えない理由は様々ですが、当社の関連する業界である農業では特に支払遅れがあるケースが多いように感じます。農業で支払が遅れる理由として、
・農家の場合農協取引が多く、支払をする行為の習慣がない
・収穫時での支払などの慣例があり、すぐに支払うという意識が乏しい
などがあるのではと思います。場合によっては、1年分以上の支払が滞っている場合もあります。畜産の場合、飼料代などの購入費が大きいこともあり、溜まった支払が数千万円以上になっているケースもあります。
しかし、支払が行われないというのは当然ながら商取引においては信用の欠如につながる行為です。次回の取引に差し障りがでる場合もありますし、価格もリスクを織り込んだ価格となってしまい、購買商品の場合値段が上がることになります。
つまり、支払をきちんとしないことは、結局は自分が損をすることになります。もし、キャッシュフローが厳しいなら金融機関から借入を行い、支払を行うべきです。(もちろん、金融機関への返済が遅れることも問題になることは言うまでもありません。)
とくに疑問に思うのは、6次産業化に取り組んで直接販売を行っている様な農家でも支払がきちんとなされないケースがあるということです。販売を行っておきながら商売の基本ができていないのには残念ですらあります。
農業であってもこれからは「経営」を考えなければ生き残りが難しい時代になって来つつあります。経営には決算書を読めることも必要ですが、商売を行うとはどういうことか理解をすることがまずは大前提だと思います。
私自身も、経営者として未熟な部分も多いので姿勢を正すことを忘れずにいきたいと日々反省をする次第です。

渡辺崋山 商売八訓

6次産業化を進めるためには

年度末、年度初めの報告書もようやくだいたい終わり、少しだけホッとしている今日この頃です。時間があるときはたまに子供のために離乳食を作ったりしています。どうやらチーズとかイカみたいなアミノ酸たっぷりのものが好きなようで、酒飲みな将来は約束されているようなものです(^^)

当社のお客さまの酪農家さんでもチーズを作られているところが何件かあり、美味しいチーズを食べる機会が増えたのはこういう仕事をしている役得というものです。

DSC_1349

もともと牛乳はその商品の性質上個々の農家さんをわけて集めることが難しいため、酪農家さん個々の特徴を出すことが難しいですが、チーズを作ることで、牛乳の持つ個性を発揮できる場面が出てきます。特に、チーズやバターは牛乳の成分が濃縮されるので、牛乳の特徴がはっきりと出てくるように感じます。将来、「チーズスペシャル」な飼料を作ることができたら・・・と夢想する今日この頃です。

昨今は酪農に限らず、こういった6次産業化が増えてきており、政府も政策的に奨励を行っています。美味しいチーズが食べられるのは歓迎ですが、個人的には安易な6次産業化推進には疑問を持っています。

6次産業化に限ったことではありませんが、新規分野に事業展開をする際にもっとも必要なことはその事業を行う存在意義があるかどうかだと考えています。例えば、養豚や肉牛の場合、法律によってと畜を自分で行うことができません。(仮にできたとしても非常に非効率でコスト高になってしまいますが)6次産業化で肉を販売すると言ってもと畜場から買い戻す形態となり、一般の肉屋さんと流通経路が変わらないことになります。もともとの肉屋さんとの相違がなければ、新規参入しても競争力があるわけではありません。
6次産業化で肉を販売して成功している農家さんは、品質が高いにもかかわらず規格などの理由で市場価格が安いものを適正価格で販売しているケースが多いように思います。この場合、「生産者が知っている価値を伝える」ことが存在意義になっているかと思います。

 

また、農業はそれで生計を立てているような規模になると労働時間の拘束が長いケースがほとんどです。家族全員が労働力としてカウントされていて余裕が無い場合に、新たな事業を展開すると言うことは本業である農業の労働時間を削ることになります。農業は農作物や家畜をきちんと見なければよいものを生産することができません。生産の品質が落ちたり、生産量に影響が出たりします。果ては6次産業化を進めたら農業を辞めると言う笑えない事例があったりします。

事業を新規に展開する以上、ヒト、モノ、カネを確保して事業計画をきちんと立てなければ事業が成り立たないのは言わずもがなです。農業はまだまだ市場出荷していても成立することが多くあり、「ものを売る」ってことを1回もやったことが無い人がいきなり”商売”を始めるということがいかにハードルが高いかは想像に難くありません。

 

と、辛辣なことを書いてしまいましたが、どんな事業であっても新しい分野に挑戦し続けることは重要ですし、6次産業化は新たな価値を創造することにつながると思います。今後も当社のお客さまのそういった取り組みを応援できたらと思っています。