有機農業のカルチャースクール

台風が過ぎてしばらく涼しかった東三河ですが、今日は日差しも強く暑いです。会社の事務所の外に植えたゴーヤが2m以上に生長していい感じに緑のカーテンになっています。

P7231314_2

今日は有機農業のカルチャースクールの先生をしてきました。前回は初級編でしたが、今回は中級編と言うことで盛りだくさんの内容です。

今回のテーマは肥料についてということで、様々な種類の有機肥料と、有機肥料の効果について説明しました。特に、有機系肥料を使うに当たって重要なC/N比については詳しく説明を行いました。ただ、肥料について説明し出すと1時間半ではちょっと足りないですね。

Cimg228

有機肥料はすぐ効く物とそうでない物があります。その働きは微生物に依存します。微生物の働きまで説明し出すと結構な分量になってしまいます。でも、土壌の生態系って農業にとってとても重要なことなんですよね。

にしても、このごろ別の書類作成の仕事もあったので今回の資料を作り始めたのがぎりぎりになってから。実質2日ほどで1時間30分のスライドを作るのはかなり大変でした・・。おかげで仕事がだいぶ溜まってしまいました。

思えば農学部の学生の頃、授業をあんまりまじめに受けていなかった気がします。欠席はほとんどしませんでしたが、寝てばかりいたような記憶が。もう少しまじめに授業受けていれば資料作るのも楽々だったのかなと反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です