家畜福祉

年末年始で慌ただしく、すっかり更新が滞ってしましました。
事業を開始したときはそうでもなかったのですが、2つの会社を経営しどちらも12月末決算のため1月は非常に慌ただしい日々を過ごしています。

養豚の事業も豚を実際に飼い始めて1年が経過しました。まだまだ改善するところは多々あり問題山積ですが1年たつといろいろと見えてくるものもあります。

素人ばかりで豚を飼っているのでトラブルも多くありました。その一つに豚のしっぽかじりです。豚は何らかの理由でストレスを感じると、ほかの豚をいじめたりします。いじめの行動の一つがしっぽかじりで、同じ豚房にいる豚のしっぽをかじってしまうというものです。当然、傷ができますので感染症などの原因にもなりますし、かじられた方はストレスになり成長に影響が出たりします。

豚を飼って強く思うのは、豚にいかにストレスを感じさせないかが非常に重要だという点です。暑さ、寒さ、他の豚とのけんか、飼料の嗜好性等々、ストレスを感じると豚の成長に大きな影響があります。養豚生産者はみな、いかにストレスを与えないかに腐心しています。

これは養豚だけではなく、牛でも鶏でも同様です。牛もストレスを感じると乳量が減りますし、鶏も卵を産まなくなってしまいます。快適な環境が畜産においては非常に重要です。

オリンピックに向けて、ヨーロッパなどで一般化しつつある家畜福祉(アニマルウェルフェア)の考え方が日本でも徐々に広まりつつあります。
世間ではよく「大規模な畜産農家は効率を重視するあまり、家畜福祉に反した飼養を行っている」と思われているようですが、実際のところ家畜にストレスを与えるような飼養管理はむしろ生産性が低下するわけであり、効率を重視する大規模生産者こそそういったストレスに対しては敏感であったりします。
家畜がストレスを感じているかは物言わないため明らかではありませんが、ストール飼育だったりウインドレスだったりがもしストレスフルならば生産者が採用するはずがありません。家畜福祉に取り組む動きを否定するわけではありませんが、現状でも規模にかかわらず家畜福祉には常に配慮されているという実態を理解していただけたらと思います。経済動物ではありますが、家畜がよりよい環境で過ごしてほしいと思うのはすべての畜産農家の共通した思いではないかと思います。

エサをたくさん食べ、いびきをかいて寝ている豚たちを見るとなんとなくうれしくなりますが、それは生産者ならばだれしも感じるものである感情です。ゆったり育ち、結果としておいしい畜産物になることがなによりも願いです。

家畜福祉” への2件のフィードバック

  1. はじめまして。大学で家畜福祉の研究をして、養豚場勤務を2年(2か所)しました。放牧養豚では尾かじりは発生しませんでしたが、ケンカで耳を噛まれケガをていることは珍しくありませんでした。慣行養豚ではパドック付きの豚房でしたが尾かじりが発生しました。私は尾かじりはイジメではなく単調な環境のため暇つぶし的に発生するものではないかと思っています。一度噛まれた豚が連続的に噛まれるのは血の味に興味を持たれてしまう(噛む豚にとっての暇つぶし)ではないかと思っています。ロープや鎖(遊び道具)、飲用水以外に塩水を与えると尾かじりが減るという研究があります。

    記事にありますように私も大規模だから家畜福祉が考慮されていないとはイメージであり客観的でないと思います。規模の大小ではなく、畜主や従業員の意識、正しい理解があるかどうかだと思います。

    1. ご丁寧なコメントありがとうございます。
      確かに暇つぶし的なところはあるかとおもいます。当方でもチェーン下げていますが、それだけでは尾かじり完全に防ぐことが難しかったです。
      あと、どうもエサの嗜好性がわるいと尾かじりが増えるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です